断熱住宅のメリット

断熱住宅とは、屋根や床、外壁に断熱材が組み込まれている構造の家の事です。断熱住宅にするメリットは様々あります。

一番のメリットとしては、冬に家の中が温かく保てることです。外からの冷気を遮断することができ、屋内の温まった空気を漏らしにくい構造になっています。これにより、暖房にかかる費用を大幅に削減することができます。また、外気の影響を受けにくいことから、エアコンの効きも良くなります。これによって夏のエアコン代の節約にもつながります。また、大きな目線で言えば、省エネルギーで暮らすことで、地球の温暖化対策にも繋がるといったメリットもあります。

この他のメリットとしては、室内の温度が一定に保たれることで、温度差がかなり少なくなり快適に過ごせます。浴室の寒さなども抑えられるので、「ヒートショック」といった体の負担を軽減することに繋がります。ヒートショックとは、急激な温度変化によって血圧が急激に上がったり下がったりすることです。特に、ヒートショックストレスを受けやすい高齢者の方には、体にやさしい住まい構造となっています。

日本の家はどちらかというと、夏の暑さをやり過ごすことを重視して、風通しをよくすることを一番に考えた構造になっているようです。このため冬は服をいっぱい着込んで気合で乗り切るみたいなところないでしょうか。

東北や北海道などの冬の寒さは、さすがに気合で乗り越えられるレベルではないので、暖房が逆にしっかりしていて、むしろ関東北部あたりの冬の家の中の方が寒いという笑えない話も聞きます。

かくいう私の家も関東の北部にあって、妻も私もアウトドア派なのでエアコン嫌いで、夏は扇風機、冬はこたつで今までは乗り切ってきました。でも年を取るにしたがい、さすがに暑さ寒さがこたえるようになってきました。夏に熱中症になって倒れてもみっともないし、冬は血圧が高めなのでヒートショックが怖い今日この頃です。

だからといって、一年中エアコンのお世話になるのは電気代がもったいないし、アウトドア派としてもなんだかしゃくでもあります。そこで、知り合いの工務店さんにちょっと相談してみると、まず家の断熱性を高くすることを考えてはと言われました。

最初に検討することとして、アドバイスされたのは窓の断熱ということでした。窓からから出入りする熱は考えている以上に多い。カーテンを断熱性のいいものに変えるだけでも結構効く。さらに、ガラスを2重窓することで驚くほど部屋の断熱性は高まる、とのことでした。完全に窓を付け替える方法だけでなく、今の窓の外側に取り付けるだけのものもあるようで、費用もそれほどではないとのことでした。

近所に高齢の親御さんを引き取って、やはり寒さ対策で、2重窓に変えられたお家があってうかがってみると、温まりやすくなった感じがして、光熱費は結構節約できている、やってよかったとおっしゃっていました。

このお話もあって、うちもそろそろ家の断熱性の検討を始めようかと妻と話し始めています。

<特別サポート>工務店向け集客ノウハウ|貯蓄|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|ページランク ランキング|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|FXシストレ|内職 アルバイト|サイドビジネス|内職|