中古よりも控除の条件がシンプルな新しい家

私たちが住宅を購入するとなると、たいていローンを用いる事になります。住宅は価格がまとまったものになりますので、一括での購入は少々難しい事も多いのですね。それでほとんどの方々は、分割で住宅を購入する事になります。
ところで住宅をローンで購入しますと、減税が発生する事があるのです。いわゆる控除ですね。確定申告の際に、それを申請している方々も非常に多いのですね。
ところで新しい家には、その控除の条件に関するメリットがあります。控除になるための条件が、中古タイプに比べればシンプルなのですね。中古の場合は、築年数などが大きなポイントになってきます。また耐震基準があるレベルに達していないと、控除を受ける事ができないケースもあります。
ですが新しい家の場合は中古と違って、もっとシンプルな条件になるのですね。断熱材の厚さを調整するだけですんだりします。ローンの返済期間が一定以上の年数などの条件はありますが、それでも中古の住宅に比べればずっとシンプルになります。つまりそれが、新しい家のメリットの1つですね。